悪い菌類の侵入を防いでくれるラクトミンという乳酸菌

悪い菌類の侵入を防いでくれるラクトミンという乳酸菌

薬店に行きますと、非常に様々な胃腸薬が販売されています。その中には整腸剤も含まれているのですが、中には乳酸菌を含む物もあります。
その乳酸菌の中にはよく用いられているものがあるのですが、その1つはラクトミンです。

 

悪玉菌の排除をしてくれるラクトトミン

 

ラクトミンの特徴なのですが、まずお腹の中の悪玉菌に働きかけてくれます。実はそのラクトミンと呼ばれる菌類は、元々人間のお腹の中には生息しているのですね。それでお腹の中に入ってくる悪い菌類を、排除してくれる働きがあります
ところが何かの理由によって、そのラクトミンが少々足りなくなっている事があるのですね。それでラクトミンが入っている整腸剤を用いて、補うという方法があるのです。なおラクトミンは、ヨーグルトなどにはあまり使われていない乳酸菌です。ヨーグルトというよりも、むしろ整腸剤に用いられている傾向がありますね。
そのラクトミンが活躍をしてくれますと、まず下痢に対して効果が見込まれると言われています。また便秘に対しても効果が見込まれると言われていますので、主にお通じに関係する症状に有効と言えるでしょう

 

ラクトミンを摂取する時の注意点

 

ただしそれを摂取する時には、ちょっと量には気をつけた方が良いと言われています。というのも年齢に応じて、適切な量が変わってくるようなのですね。医師の方々から処方を勧められる事も多いので、必ず指示通りに服用するのが望ましいですね。基本的には、毎食後に1回ずつ服用する事になります。
また空腹か否かも大きなポイントになります。お腹が空腹状態ですと、胃酸がちょっと強くなってしまっている事があるのです。それでラクトミンの効果が弱くなってしまうと考えられますので、できれば食後に飲む方が良いでしょう。